本当のダブルウィッシュ。

2017年 11月 10日 ブログ - 古い記事

 

みなさんこんにちは。

Xin chào các bạn

ベトナムはホーチミンにある
日系クリエイティブエージェンシー

Chúng tôi là Creative Agency Nhật ở Thành phố Hồ Chí Minh, Việt Nam.

 

Print

 

MOJAです。

 

みなさんはダブルウィッシュを知っていますか?
ダブルウィッシュとは、日本のトップ芸能事務所所属の吉本興業所属の
シンスケさんカズさんからなる、二人組のコメディアンさんです。

このコメディアンさん二人は、ベトナムで人気者になりたくて、
今頑張って表現活動を行っています。

彼らはどうしてコメディアンになったのか?
そしてなぜベトナムに来たのか?
そしてこれから先、どうなっていきたいのか?

たくさん聞いてきました!

では張り切ってどうぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

■ダブルウィッシュがベトナムに来る前。

 

 

MOJA:こんにちは。お二人とこういうインタビューを始めるのはなんだか照れますね。
ダブルウィッシュ:こんにちは!たしかに照れますね!(笑)

 

MOJA:ではさっそくインタビューを開始します。
お二人を今まで知ってるようで本当は知らない人たちに向けて、
この記事でみんながダブルウィッシュをもっと知ってもらえたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

 

ダブルウィッシュ:はははは!まだまだそんなに有名じゃないので、
知らない人も多いと思いますが、
ぜひダブルウィッシュを知ってもらいたいです!

 

MOJA:ではさっそくお二人の子供時代から教えてください!
ダブルウィッシュ:えええ!そこの情報みんないらないでしょ!(笑)

MOJA:いえ!いります!

カズ:はい…。(いらないだろうのニュアンスの)
えっと、僕は熊本県みなまた市で生まれました。
1983年2月6日が誕生日です。
小学生の頃はモテました。
剣道部でキャプテンでした。

 

MOJA:ではシンスケさんはどんな幼少時代でしたか?

 

シンスケ:僕は熊本県で産まれて0歳から4歳まで福岡で住んでいました。
4人家族の次男で、1982年6月25日産まれです。

そして生粋の熊本人間です。
幼稚園の時もこの幼稚園入れてくださいって自分で歩いて行って保育園に入ったほどの行動力の持ち主でした。

 

MOJA:保育園の年齢なのに…既に自我が際立ってる…!!確かにすごいですね!

 

シンスケ:そのころは勉強もできました。もう人生何でもできると思ってました。
井の中の蛙の、超ど真ん中でしたね(笑)

 

 

 

◆カズとシンスケ、二人の運命的な出会い

 

 

MOJA:お二人が出会ったのはいつですか?

ダブルウィッシュ:僕たちが出会ったのは高校二年生のときです。

シンスケ:熊本のテレビ番組のオーディションに受かって
高校生レポーターとして出演してました。

 

カズ:実は書類審査で100人の応募の中からの8人に選出されたんですよ。

 

MOJA:すごい・・・!ふたりとも見事オーディションを勝ち抜いたんですね!

 

カズ:そうです!

 

MOJA:すごいですね!そこから友達なんですか?

 

シンスケ:別々の高校に行ってましたし、学校も家も全然違うんですが、
そのテレビ番組出演で出会い友だちになりましたね。

 

MOJA:シンスケさんから見てカズさんの初対面はどうでしたか?

 

シンスケ:初対面ですか(笑)地元の情報をよく知ってたなんかキザなやつでしたね(笑)
なんかおしゃれで。僕みたいな田舎者はなんだか悔しかったのを覚えてます(笑)

 

MOJA:輝いて見えたんですか?

シンスケ:いや、輝いては見えていないです。決して憧れていたわけではないです、
ただかっこつけてていけすかなかったですね。

カズ:おい!憧れろよ!

 

 

MOJA:なるほど、鼻につく感じの初対面だったんですね(笑)
逆にシンスケさんから見た第一印象はどんな感じでしたか?

 

カズ:彼仕切り屋で、なんだかこの人めちゃめちゃ仕切るし、めちゃめちゃしゃべるし
めちゃめちゃ笑うし、めっちゃ口デカい人だなって思いました。

 

 

MOJA:なるほど、保育園を自ら探しに行った行動力は健在だったんですね(笑)

 

カズ:番組の収録ではそこまで仲良くなれなかったんですが、
当時よく行った服屋さんので偶然出会い、すごく仲良くなりましたね。

 

 

MOJA:その服屋さんで出会わなかったら今のダブルウィッシュはないんですね。人生は不思議ですね。

 

 

 

 

 

 

◆青年からコンビ結成まで

 

 

MOJA:それが高校生の時だということは、
その後、しばらくは二人は別々の人生を歩んでいくわけですよね?

 

 

シンスケ:はい、僕は東京NSC(吉本総合芸能学院)に入りました。

 

MOJA:当時その学校に入っていないカズさんは何をされてたんですか?

 

カズ: 僕も芸能界にいたんですよ(笑)その時はスタイリストをやっていました。

 

MOJA:なるほど!ふたりとも華やかな芸能の世界には近い存在だったんですね!

 

 

MOJA:誤解している人も多いと思うのですが、そのNSCの卒業試験もちゃんとあって、
エスカレーター式にコメディアンになれるわけじゃないんですよね?

 

シンスケ:そうなんです、実は。
卒業公演がありまして。そのあと一応よしもと所属の芸人になれました。

NSC卒業して所属のためのオーディションみたいなのはとくにないんです。
出席とかが考慮されて、卒業公演にでれたらとりあえず吉本のライブとかにでれるようになるんです。

 

MOJA:その後、シンスケさんはカズさんを誘うんですか?

 

シンスケ:当時スタイリストだったカズにコンビになろうと誘いました。
ちょうどいろいろなタイミングが重なって、カズがOKを出しました。

 

MOJA:コンビ「ダブルウィッシュ」が結成したんですね。
それがいつの頃ですか?

 

シンスケ:10年前、2008年4月デビューです。

 

MOJA:月一度の渋谷の劇場で漫才をしてで出演していたんですよね?

 

カズ:そうです、ちゃんと漫才やってました。

 

シンスケ:その後、ロンドンハーツ(日本の大人気テレビ番組)のドッキリネット配信番組に出て、
すごく注目をあびましたね。

 

 

何故か中国とか台湾の人にめちゃめちゃ人気がありました(笑)

 

 

MOJA:そうなんですね(笑)そして、その後海外住みます芸人のオーディションに合格したわけですね?

 

 

 

シンスケ:そうなんです。
そのオーディションも何個か段階がありまして…。ようやく決まった感じが嬉しかったのを覚えてます。

 

カズ:自分たちでベトナムを選んでベトナムに来ることを決めたんです。

 

 

◆ベトナムに来て2年3か月。【ベトナム】で【芸人】=【ダブルウィッシュ】

 

 

MOJA:ベトナムに来てどれくらい経ちましたか?

 

カズ:今2年3ヶ月位ですね。

 

シンスケ:楽しくやってます。

 

MOJA:そうなんですか?なかなか有名にならなくて、辛くないんですか?
苦しくないんですか?泣いてもいいですよ。

 

 

シンスケ:いや(笑)よく色んな人にもそう言われるんですけど、辛いというか、ちゃんと楽しいんです。

 

MOJA:そうなんですか?

カズ:そうです。まぁ、自分たちを知ってもらうようにいろいろなところで、いろんなネタを
さらにいろいろ考えてやるのは少し大変ですけどね。日本の「お笑い」はやっぱり特殊なので。

 

MOJA:なるほど…!

 

シンスケ:日本ではやってたことをやったとしても、
日本のようなコントの文化もベトナムにはないですからね。

 

MOJA:考えただけでも大変そうですね。

カズ:おもしろいことも、日本のようなものではなくて、もちろんどちらが良いとかではないです。
ただ、ベトナムで仕事をしているとストレートな笑いしかないと思います。
例えば失敗したら日本ではそれがおもしろくなったりするんですが、
ベトナムではそれはないんです。

 

MOJA:ちゃんとやらないことがだめとなるんですね。
そこがベトナムの人たちの良いところでもありますしね。
失敗を笑うことがない、ある意味本物思考ということですかね?

 

 

シンスケ:YouTubeやfacebookではたくさん表現しているんです。
反応も結構返ってくるのですが、まだまだだと自分たちでも思ってます。

 

カズ:自分たちのYouTubeは、まだ最高再生回数が4万回くらいしかないので、
もっとみんなに見てもらいたいですね。

 

 

シンスケ:他の国はスタンドアップコメディとかが定着してたりするんですが
ベトナムにはないので、そこでもちょっと見せ方が変わりますね。

 

MOJA:なるほどです、深く考えるとやはりチャレンジですね。

 

 

シンスケ:日本では毎日新しい笑いの価値観を産み出さないといけないので、それよりはは簡単なのかなって…。
今は【ベトナム】で【芸人】=【ダブルウィッシュ】になってるのでありがたいですね。

 

 

MOJA:確かに、唯一無二ですもんね。
今更の質問をしていいですか?

 

ダブルウィッシュ:なんですか?(笑)

MOJA:人を笑わせるのは好きですか?

ダブルウィッシュ:好きですよ(笑)

MOJA:何でですか?

 

カズ:楽しいことが好きなので、笑ってほしいですね、笑ってくれたらうれしいです。
みんなで笑いたいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

◆これから、未来へ向かうダブルウィッシュ

 

 

MOJA:さて、今ベトナムに来て2年三ヶ月経ちました。
これからのお二人の活動をおしえてもらえますか?

 

シンスケ:はい!えーっと、最近の話をすると。
ベトナムち神奈川県の親善大使に任命されました!!

 

MOJA:えええ!すごい!!
なぜ神奈川とベトナムなんですか??

 

 

シンスケ:日本でベトナム人が一番住んでいる県が神奈川だそうなんです。
日本の在住者が一番多いので、ベトナムと神奈川は仲良く進んでいこうということですね、
それで日本とベトナムの深い関わりがある僕達が選ばれました!めっちゃうれしいです。

 

MOJA:なるほど!そんな繋がりがあるんですね!

 

 

MOJA:その他に何かありますか??

シンスケ:実は…11月放映のオーディション番組でベトナムの超有名番組に出ます…!!
https://www.facebook.com/thachthucdanhhai/

 

MOJA:な!なんと!!ベトナムのオーディション番組ですね、本当に有名な番組みたいですね!!

 

カズ:結果はまだ言えないんですが…結構頑張りました…!!!ぜひ御覧ください!

 

MOJA:みなさん乞うご期待ってことですね!!

 

では、近い未来の目標と
これから先、ずっと先の目標を聞いていいですか?

 

シンスケ:はい!ダブルウィッシュとして、たくさんのベトナム人に
こういう日本の芸人がいるよというのを知ってもらいたいです。
そのためにベトナムのみなさんに、ちゃんと共有できるような芸を磨いていきます!

 

 

MOJA:ちゃんと共有できる芸を磨く…!なるほど!!

 

カズ:歌芸をやってるのですが、その歌がみんなに知られるように有名になりたいですね。
【Có cái gì đâu】というフレーズを自分たちのネタで言うのですが、
それを色んな人が言うようになるために、どんどん発信していきます。

 

MOJA:でもダブルウィッシュさんに仕事を依頼すると高いイメージがあるかもしれませんね。

 

カズ:そんなことはありません!!

 

シンスケ:いや、本当そんなことありません、安いです、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!テレビだけじゃなくて何かのPARTYの営業や、YouTubeなどの出演依頼をどんどん待っています。

どんどんオファーしてほしいです。

 

MOJA:さて最後に、有名になったらどうしたいですか?

 

 

カズ:そうですね。ずっと変わって無いですが、
日本で仕事をしながら月一ベトナムに来たりして、

それでどちらの国でも有名になりたいです。
どんどん仕事をしたいですね。

 

MOJA:シンスケさんも同じですか?(笑)

 

シンスケ:僕は家族がいるので奥さんと子供を養うために、がんばりたいですね。

 

カズ:あ、俺もそれだって書いといてください!

 

 

 

 

 

 

◆以上でした!

 

Interviewに答えてくれたダブルウィッシュさん!本当に有難うございました!!

 

 

今回は日本人コメディアン【ダブルウィッシュ】の
お二人の今までとこれからをお話していただきました。

ダブルウィッシュを知らなかった方も、
知ってる方にも楽しめるようなインタビューになったらうれしいです。

私たちはクリエーターとして、どんどんものづくりをして、お客様が笑顔になってくれればと思っております。
そういう意味ではMOJAもベトナムで頑張っている会社ですので、ダブルウィッシュのお二人と同じなのです!

いつかベトナムのみなさんに認めてもらえるように、僕達も一緒にがんばります!

どうかダブルウィッシュのお二人を応援お願い致します!!

 

 

 

 

 

 

 

MOJAがお力になれることがあれば、
なんでもお気軽にご相談くださいませ。

Nếu có việc gì cần đến sự giúp đỡ của MOJA, các bạn hãy liên hệ với chúng tôi bất cứ lúc nào nhé!

 

 

ぜひ、お問合せはお気軽にお願いいたします。
これからもMOJAをよろしくお願いいたします。

Mọi thắc mắc, các bạn có thể liên hệ ngay với chúng tôi.
Từ giờ trở đi, mong các bạn hãy ủng hộ cho MOJA hơn nữa nhé!